カラコン製法

カラコンの製法について

カラコンのキャストモールド製法

オシャレな女の子の必須アイテムであるカラーコンタクトレンズ。
このカラコンには幾つかの製法があります。
一見同じような商品に見えても作り方が違う場合がありますし、「違うのは柄だけ」と思っていても実は作り方が違うかもしれないのです。
そして絶対に知っていなければならないことは、「製法が違えば質も違う」ということ。
カラコンを選ぶ時はどうしてもデザインや価格、イメージキャラクターなどで選びがちですが、この作り方にも少し目を向けてみてください。

 

 

そんなカラコンの作り方で現在主流となっているのが、キャストモールド製法です。
聞いたことがない方は全く想像できないと思いますが、これはコンタクトレンズの素材とデザインに使う着色料を混ぜて作る方法。
カラコンを作る時にはカーブの付いた型に素材を入れて作るのですが、そこに着色料も一緒に入れて固めることで一体化させることができるのです。
このキャストモールド製法で得られるメリットにはどんなことがあるのでしょうか。

 

 

カラコンは実は作り方によって若干薄さが変わってきます。
目で見て確認できるほどの差ではありませんが、目に付けるとその差は歴然。
キャストモールド製法は他の作り方と比べても非常に薄く仕上げることができるので、着け心地が良いのが大きなメリット。
そして薄いにも関わらずレンズの素材と着色料が一体化しているのでその色素が角膜に触れる可能性がとても低いというのもキャストモールドの魅力です。
また、目には常に酸素を供給する必要がありますが、キャストモールド製法で作られたカラコンは薄いので酸素の供給もしっかりと行われるというメリットを持っています。

 

 

 

おすすめカラコン

ホーム RSS購読 サイトマップ